教員

平尾 聡秀(講師) Toshihide Hirao

専門分野:多様性生物学・群集生態学

プロフィール

東京大学による教員紹介

 

学生

執行 宣彦(博士課程3年・日本学術振興会特別研究員DC2) Nobuhiko Shigyo

研究テーマ:植物-土壌フィードバックにおける適応的な微生物群集の形成機構

Shigyo, N., Umeki, K., Ohashi, H., Kawada, K. & Hirao, T. (2017) Phylogenetic constraints to soil properties determine elevational diversity gradients of forest understory vegetation. Plant Ecology 218: 821-834

 

小原 茜(修士課程2年) Akane Kobara

研究テーマ:ニホンジカが森林土壌の改変を通じて実生動態に及ぼす影響

2016年度卒業論文「奥秩父山地の冷温帯林における実生動態-防鹿柵を用いた植生回復の評価-」

 

田中翔大(修士課程1年) Shota Tanaka

研究テーマ:非損傷樹木の萌芽動態におけるトレードオフと環境要因の役割

2017年度卒業論文「シカ植食圧と環境要因が天然林の萌芽動態に及ぼす影響:種の形質による応答の違い」

 

谷川鴻介(学部4年) Kohsuke Tanigawa

研究テーマ:森林構造と種間相互作用が野生動物の時空間動態に及ぼす影響

 

OB & OG

藤井 正典(環境科学技術研究所) Masanori Fujii

特任研究員(2012年4月~2015年3月)

Fujii, M., Hirao, T., Kojima, H. & Fukui, M. (2016) Planktonic bacterial communities in mountain lake ecosystems. In: Structure and function of mountain ecosystems in Japan: biodiversity and vulnerability to climate change (Ecological Research Monographs) (G. Kudo eds.), pp.145-169, Springer Japan, Tokyo

Fujii, M., Hirao, T., Kojima, H. & Fukui, M. (2015) Inter-taxonomic differences in bacterioplankton community assembly in oligotrophic mountain lakes of east Japan. Aquatic Microbial Ecology 75: 251-257

 

岩城 常修 Tsunenori Iwaki

2015年度修士論文「奥秩父山地における植生の標高変化と他の栄養段階への影響」

2013年度卒業論文「鳥類とコウモリ類が下層木の葉食性昆虫に与える影響」

 

川崎 満 Mitsuru Kawasaki

2017年度修士論文「ニホンジカの食性に対する季節、生息地環境および遺伝構造の役割」